2024年07月26日

「時々ボソッとロシア語にデレる隣のアーリャさん 3」を読み立てホヤホヤレビュー5

こんばんわの時間なのでこんばんわ。「わ」と「は」だったら「わ」を使いたくなっちゃうにこにんです。
今回は3巻ということで、親睦を深める政近とアーリャ、そして終業式の“あいさつ”前に真っ向勝負を挑んた有希。当日、兄を本気にさせた結果は…?という内容かもしれない。
では、ゆっくりしていってね!

時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん 3

↑かわいい
心理戦やべーーー!!!
もうこれ訳わかんねぇな。終業式の対決は見物ですよ。
……とまぁ終盤の勢いに圧倒されている訳ですが、最初から最後まで面白かったです。
何より途中出ててきたマスクアーリャさん。別にマスクが可愛いというわけではなくて、マスクを付けたことで丸顔に見える事が重要なんですよ。うん。
あの挿絵の破壊力はやばかったですよ。やっぱり性癖なんだなぁって思います。
まあそんなことはさておくとして、有希の腹黒さは本当驚き通り越してニヤニヤしちゃいますよ、なぜか。
それと綾乃の素晴らしいMさ。文句なし!流石有希の教育の賜物ですね。いや元からか?
何はともあれ、勝つためには一服盛るのも辞さない有希の本気さには改めて脱帽です。そして、それに正々堂々勝ちに行く政近とアーリャにも脱帽。
さてさて、エピローグの話からすると、次の巻にはラブコメ的要素が一段と深まりそうなんですけど…期待しても良いんですか?良いんですね?燦々SUNさんよ。
はい。てなわけで充実した3巻でした。皆様も是非読んでみてくださいね!
(4巻に続く)

あ、アニメ4話ED、ハレ晴レユカイが流れた時はもう泣きましたよ。


2024年07月24日

「青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない」を読み立てホヤホヤレビュー5

こんにちは。最初の挨拶はもうネタ切れです。
今回は第2巻ということで、尻を蹴りあった仲である朋絵と咲太が嘘の“後輩以上恋人未満”関係をすることになるが…?という内容です。
中々に感動します。
では、ゆっくりしていってね!

青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない

↑普通に可愛い
いや〜感動しました
1巻の雰囲気はそのままに(って何度も言ってきた気がする)面白く、麻衣もどんどん可愛くなってますね。朋絵も正義の女子高生と呼ばれるのもわかるような、しっかりとした性格で好感が持てます。しかし、この巻で一番好感を持てる人物というのはやはり咲太でしょう。嘘の関係でも朋絵に本気になれるところは彼の好感の持てる主人公像そのものだと思います。
さてさて、やっぱり咲太が宣言通り毎日麻衣に告白していたのは流石としか言いようがありませんね。会話節々の麻衣さんの反応が面白くて可愛いのはそれとして、朋絵とのゴチャゴチャも受け入れてくれる、なんとも優しいことでしょう。やっぱり咲太には麻衣しか、いや麻衣には咲太しか、どちらにせよ2人には2人しかいないんですよね。最後の結末は朋絵にとっても前向きな良い結果になっていて、すげーって思いましたよ。(笑)朋絵にはさんざん感動させられました。
これ以上書いてるとレビューにも感想にもならなさそうです。いやー、良い話だったなー、というわけで、皆さんも是非2巻、プチデビル後輩を呼んでみてくださいね!!


2024年07月23日

「さくら荘のペットな彼女」を今更ながら読み立てホヤホヤレビュー5

こんにちは。夏休みだからといって3つのラノベを並行して読んでいると自身の読解力の無さと文章を読む大変さを身に沁みて痛感する今日のこの頃です。
さて、そんなさくら荘の記念スべき1巻は、さくら荘からの脱出を掲げる主人公・空太がイギリスからやって来た椎名ましろに翻弄されながらも渋々お世話していたが、色々思うとこはあり…?という感じですかね。
では、ゆっくりしていってね!

さくら荘のペットな彼女

↑ましろちゃんかわいすぎ
ましろちゃん可愛いな!?!?
生活能力がある方の椎名(真昼)が可愛いのは当たり前として、生活能力が無いこっちの椎名ましろも中々に可愛いですねぇ
空太もあんな場所にいたらおかしくなるというか…もうおかしくなってるというか、空太は難アリな性格ですね。自分の心にもっと素直になれ。これは今後に期待です。まだ1巻ですしお寿司。
割と内容はエロいしイラストも可愛いしギャグが面白い。なによりましろが素晴らしい。
というわけで次巻に期待ができる1巻となっております!ぜひ皆さんも読んでみてください!